塾と家庭教師を併用すべき? | 勉強出来るために必要か元京大生が解説します

今回は塾と家庭教師は併用すべきなのかどうか解説します。

 

塾も家庭教師も使えば、子供の成績が上がるのかどうか、行かせた方が良いかもしれないと思われている方には参考になるかなと思います。

ちなみに、この記事を書いている私は京大を出ており、勉強がどうしたら出来るようになるのかについては熟知しています。

 

なので、その観点も踏まえて、塾と家庭教師の併用をした方がいいかご紹介していきます。

 

塾と家庭教師の併用は不要である3つの理由

最初に申し上げますが、塾と家庭教師、両方の併用はお金の無駄です。

そのように言えるのは大きく3つの理由からです。

 

目的を明確にしないなら無意味に終わる可能性が高いから

まず、とりあえず両方受けさせておけば良いと思われたりしていないでしょうか?

ただ、勉強が出来るようになるかどうかを決める上で、目的を明確にする必要があります。

 

例えば、国語力が弱いから国語の勉強をするというような感じですね。

当たり前ですけど、その場合は国語のどの部分が弱いのかを意識して、勉強していかないと成績が上がることはありません。

つまり、何か明確な目的なく、とりあえず受けるでは、結局成績が変わらないからです。

 

お金がかかる

二つ目はお金がかかるです。

当然ですが、塾も家庭教師も両方となると、かなりのお金がかかります。

 

そのお金を支払えるなら支払っても良いですが、それで成績が上がる保証にはなりません。

国語や数学、英語にしても成績が上がらない理由はシンプルだったりします。

何かに気づいて、それをひたすらこなすと成績が上がるというケースが少なくありませんから。

 

教える内容が大きく変わる保証はない

たくさん通っても、結局成績のアップには繋がりません。

例えば、学校でも授業があります。それに加えて、塾や家庭教師を加えたとしても、同じ部分を3回学ぶことになります。

 

しかし、何回人から丁寧に教わっても、必ずしも成績が上がるという保証はありません。

しかも、教える内容は基本的に一緒です。

例えば、英語の三単現のSの単元でも、基本で学ぶべきことは一緒です。

 

それを違う人から学んだところで、結局は言葉のシャワーのようになってしまうだけです。

そういう意味でも、塾と家庭教師の併用はすべきではないと考えられます。

 

今の学力では不安の場合の3つのステップ

とは言っても、一向に成績が上がらないというのは親からすると不安な一面もあるかもしれません。

なので、具体的にどうやって考えていけばいいか紹介しておきます。

ステップ1:何が問題なのかを分析する

最初に何が問題なのかを分析してください。

例えば、英語が苦手と言っても、どこでつまずいているかによって、対処法は変わってきます。

何が原因で英語のテストの点数が悪いのか?アクセント?単語?文法?長文?ライティング?などなど。

このように問題をしっかりと洗い出すようにしてください。

 

ステップ2:問題を解決するための方法を考える

二つ目のステップは問題を解決するための方法を考えます。

仮にアクセントの問題でつまずいているとしたら、アクセントだけを補強できる教材を一冊こなしたら済む話です。

 

もしもリーディングでつまずいている場合は、英語の文章を読めるためにはどうしたらいいか考えます。

もしも単語がわからなくなって文章を追えないなら、単語をしっかりと補強しようということになりますし。

こんな感じで問題解決するためにはどうしたらいいのかという方法論を考えてください。

 

ステップ3:問題解決の方法を実践して改善する

続いて、問題解決の方法を実践してみて、ひたすら改善していきます。

正直、ここは頭を使う部分でもあるので、しんどいです。

 

もしもなかなか記憶できないなら、なんで記憶できないのかなども色々と考えつつ、「こうやって勉強したらいいのでは?」と思ったことをひたすら実践していくことが大切です。

 

塾と家庭教師はどちらがオススメか?

最後に塾か家庭教師のどちらを取るべきかという問題について。

基本的には、両方ともやる気があることが前提です。

やる気がないなら、結局無駄になってしまいますからね。

 

そして、やる気があるなら、ぶっちゃけどっちでも構いません。

あとは、塾の評判や家庭教師の実力から判断することをお勧めします。

 

少し注意しないといけないことがあって、塾も家庭教師も共にもともと勉強できる人がなっているケースが少なくありません。

得意科目で登録しているケースが少なくありませんから。

 

しかし、その場合、出来ない人がどうして出来ないのか言語化出来ないことも少なくありません。

例えば、私は国語が苦手でしたが、どうして国語の成績が上がらないのか、しっかりと説明してくれた人は学校にも塾の先生にもいませんでした。

要は、「出来ない→出来る」という状態を生み出せるのかどうかって部分がポイントになります。

 

もしもどちらかに入ってみて、一向に成績が上がらないなら退会を検討することも考える必要があります。

 

まとめ

今回は、「塾と家庭教師を併用すべき? | 勉強出来るためにお金はかけるべき?」というテーマで解説してきました。

はっきりと申し上げると、どっちでも構いません。

 

ただ、両方行かせるのはお金の無駄なので、とにかく、何が出来ていないのかをしっかりと考え、それを改善するための方法を考えてみてください。

それが出来ると最悪、塾や家庭教師を使わずに成績を上げるという道も模索できるかもしれませんから。